突然ですが、3月8日(日)は臨時休診です。

 割と近所でイベントがあるらしいので、ちょっと…お出かけしてきます。
 まあその、私的には一生に一回くらいは直で見ておこうかというイベントではあるので。
 ご迷惑をおかけして、誠に申し訳ありません。
2020-01-18 08.30.26

次の休診日は2020年11月15日(日)です

わたらい動物病院

診療時間
9:00~11:30
16:00~18:30
電話番号0531-37-1501

〒441-3605 愛知県田原市江比間町西砂畑132-1
(クリックすると地図が出ます)

やむを得ない事情により、突然の臨時休診があるかもしれません。
毎日、土曜日曜祝祭日も、上記時間帯で診療を受け付けております。
当院では、15歳以下のお子様連れの来院を、原則禁止しております。ご注意くださいませ。 
2017-04-25 17.20.43

more...

『猛禽類を飼う・合本』

 『猛禽類を飼う』と『猛禽類を飼う・拾遺』を合本して、一まとめにしました。
 新規でお買い求めの方は、こちらの購入をお勧めします
 既にお手元に、『猛禽類を飼う』と『猛禽類を飼う・拾遺』がある場合は、自分で最新版にアップデートしてください。新たに購入する必要はありません
(うっかり買ってしまった人は、1週間以内ならクーリングオフ、つまりキャンセル出来るので手続きしてください)

・追加要素はありません。
・『猛禽類を飼う・拾遺』には、やや“猛禽類──”から離れたコンテンツがあったので、合本の際に、これを削除してあります。大した事は書いてありませんが、そちらを読みたい方は『拾遺』の方を読んでください。
・『猛禽類を飼う・拾遺』は、本文中では『拾遺(問わず語り)』と改題されています。“問わず語り”というのは、“ひとりごと”という意味です。
・文字数にして292,829字、A4で421ページあります。これは、毎日1話だけ更新されるWeb小説を、おおよそ1カ月くらい読み続けると読了出来る文章量です。
・2冊を別々に買うよりも、わずかに8円お安くなっております。
スクリーンショット 2019-10-02 23.00.35

more...

『猛禽類治療マニュアル─治療の実際─』

 アマゾンのKindleストアで、当院の診療マニュアルを自費出版してみました。
 内容は、以前にブログ記事として掲載されていた診察室でよく遭遇する病気やケガの解説、その治療(実際に、当院ではどういう治療を行っていたか?)が書かれています。
 お役に立てるか分かりませんが、遠方にお住まいの方で当院の受診が不可能な方は、こちらを読んで愛鳥がそれらしい病気だという事になりましたら、近隣の病院にこの本持って相談してみてください。
スクリーンショット 2019-10-02 23.00.16
 注意点をいくつか…。
 

more...

鳥類の来院の仕方について

 病院前死着は、痛ましい事故です。
 そもそも、診察の為に動物病院を訪れたはずの鳥達が、診察を受ける前に死んでしまっては、元も子もありません。
 死んではおらずとも“死にそう”にしての来院も同様だし、普段と著しく身体の状態が変化してしまっている患者を連れて来てしまっては、本来ならば健康である事を確認するはずの“健康診断”すら満足に行えません。
 ──はたして、その“異常な”検査数値は、本当に異常なのでしょうか?
 
 こうした問題を回避する為には、受診の際には、いくつかの点に注意しながら鳥達を連れて来院していただく必要があります。
2017-02-12 17.57.35
図1.最も安価で無難な輸送方法は、ダンボール箱に鳥を入れて蓋をしたら、“箱ごと”冷却なり保温しながら鳥達を連れてくるという方法である。ダンボール箱は使い捨てに出来るだけでなく、保温性や吸水性に優れており、遮蔽が出来て、鳥がぶつかっても怪我をする要素が少ない素材である。
 

more...

便利なしつけ

2017-04-14 08.02.552017-04-14 08.03.33
図1.投薬の様子。練ったパウダーフードに、適量となる1回分の内服薬をまぶして与えている。この方法には、自由飲水投与に比べて、適量を正確な頻度で与えられるという利点がある。

more...

ダンボール箱の使い方

20080919 (2)
図1.育雛中のオカメインコ。ペットショップなどと違い、周辺に多数の熱源(保温用のヒーターや光源の設置された水槽、暖房器具など)が存在しない一般家庭の室内では、特に季節によっては、鳥かごやプラスティック水槽だと温度を保つことが難しい事がある。一人餌になる頃の雛鳥を飼育しようとする時、ダンボール箱に鳥達を入れておくと、内部はほど良く保温され、良好な状態が維持されやすい。この飼育方法は、普段は完全に鳥達の視界から人の姿を消しておく事が出来るので、雛鳥が給餌者の接近に気付いて都度騒ぎ、過度の興奮から供給量以上のエネルギーを消費してしまって体調を崩すといった事故も防いでくれる。

more...

雛の誘拐について

 特に春先に多いイベントに、“雛の誘拐”があります。
 写真(図1)にある様な鳥達を捕獲して、動物病院に持ち込むのはNG行動です。
 つまり、やってはいけません。
2017-06-06 15.16.34
図1.スズメの巣立ち雛。巣立ちをした頃の雛鳥は、地面におり、脚力に問題がある様に見え、追いかければ飛んで逃げるものの容易に捕まえる事が出来るので、翼などに“怪我”をしている様にも見える。この病気や怪我をしている様に見える雛鳥の未熟な行動は、成長の途中で必ず現れる。それは、決して異常な事ではない。嘴が黄色いのは、その鳥達がまだ幼い証拠である。

more...

花鳥風月

2020-02-26 12.31.53 2月26日(水)

 雨のち晴れ。

 乾燥中の洗濯機を途中で何度か止め、フィルターの清掃なんか行いながら(どこからともなく凄いゴミがダクトの中から現れる)、洗濯物が熱くなっている事を確認しつつ…どうやら、生き返ったらしい。
 動物病院の事とて、診察が終わる度に診察台に消毒薬を噴霧してタオル使って拭き取り(消毒槽に放り込む)を繰り返しますので、タオルだけはかなり洗います。
 独身男性一人暮らしのくせにやけに洗濯機が動いているのは、その所為です。

 1年くらいでモーターとしては寿命分使っているという話もありましたので、交換も考えない事はなかったのですが、もう少し使えそうです。
 10万円以上払う機種で1年で交換は、ちょっと勿体ないよね?
 いちおう、熱消毒もしている事になるのだろうか?

 腰の痛かったわんこの調子が回復したのは、薬のお陰だろうか、天気の回復のお陰なんだろうか?
 尻尾を痛いほど振っている所を、見せに来たよ(いや、本当に当たって痛かったから)

 春先の陽気に浮かれた様な微妙な来院も、そろそろ始まりました様で…。
 ああ、何処かに引っ越したい。

more...

花鳥風月

2020-02-25 12.11.44 2月25日(火)

 晴れ。

 狂注の新年度鑑札をもらいに行き、車の法定点検を済ませ…。

 全自動洗濯機の乾燥機のメンテナンス方法に、ようやく辿り着く。
 なんで乾かないのか、ようやく理解出来た。
 排気と吸気のフィルターの存在に、ようやく気付いた…そのスゴイ量のホコリに!
 うん、これでタオル類の乾燥も安泰だ。

 そろそろ忙しい時期なんですが、そんな時にコロナウイルス大爆発とか、やって来ないベな?
 マスクを何処で買ったかって?
 年末に誤発注して、5ヶ月分くらい買い貯め状態だったから。
 消毒薬どうしてるって?
 これまた、以前に気分で購入したアルコールが2リットル、残っていた…切れたらウォッカで手を洗ってやるのだ!

more...

花鳥風月

2020-02-24 12.59.37 2月24日(月)

 晴れ。

 昨日今日と、大量に用意してあったはずのフードが売り切れ、急いで注文を出す。
 釣銭が、千円札どころか、500円玉も、100円玉も全滅。
 世間は連休は連休か…。
 本年度最後の狂注書類を用意し、明日の新年度鑑札の配布の準備に勤める。
 ああ、来月から忙しくなるんだろうな…。
 今日の、微妙な忙しさの内容について伏せておこう(“ソンナモノは全部他院に行け!”。また愚痴が爆発するから!)
 
 今日は、『Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~』。
 元祖、エロスとバイオレンスの山田風太郎先生原作。
 『魔界転生』もそうだったけど、せがわ まさきさんという人は、原作に忠実なコミカライズを選択した作家らしい。
 いえ、エロスとバイオレンスって言うのは、かなり絵の上手い人じゃなければちょっとキツイ。
 上手いんだよ。
 絵が…。
 『鬼斬り十蔵』以降、この人のオリジナルを読んでないのが惜しまれる。

more...

大特価?

 頼まれて何故か、宣伝をすることに…?
 税別(いや、税込みだったかもしれん、要問い合わせ)。
 今なら入荷したばっか、ヨーロッパブリードで、オウム病、糞便検査済み(とっとと買え、時間が経つと傷むかもしれん)。
 …的な?
 物は悪くない、どちらかというと大安売りな個体。
 性格も、今のところ荒れた挙動が出てないし、毛引きもしていない。
 モモイロインコは2羽いるかな。
 実際のところ、他店よりも安いくらいの個体ではないだろうか?
 
 豊橋市
 ペットショップ若林
 TEL 0532-41-2992 

2020-02-24 14.12.402020-02-24 14.11.592020-02-24 14.11.492020-02-24 14.14.03

花鳥風月

2020-02-23 12.44.56 2月23日(日)

 晴れ。

 朝から…。
 いえ、朝の8時に問い合わせかけてきたのがおりまして…。
 いちおう電話に出るのは、本当の急患がいるからなんだけど、10回出て11回目くらいから…この法則性は変わらんね。
 “電話にもロクに出てくれない藪医者”、そう言われている方が、かなり精神衛生に良いって、嘘じゃないんですよ?

 昨日使った大量の手術器具を、パックして滅菌。
 開封した縫合糸その他の補充注文。
 どうにも、金銭感覚が20年前で止まっているのに気付く。
 6万円じゃ、安かったわ。

 昨日は、意外にすぐにサクッと読めてしまった『鬼滅の刃』(アニメの続き)を深夜には読み終わり、今日は、やっぱり買うだけ買って虫食い状態で読んでなかったパートのある『からくりサーカス』に挑んだ。
 基本、この作者のマンガは“泣けッ!”──これに尽きる。
 アニメ、悪くなかったんだけど、これだけ長期連載だった作品だと、どうしてもダイジェスト化してしまっていたね。
 削られたエピソードに登場人物が、えらくたくさんあった事を見付けたよ。

more...

花鳥風月

2020-02-14 14.01.07 2月14日(金)

 くもり時々雨。

 やはり、今日も朝も早うからお出かけするも…なかなか、猟果を得るには至らない。
 いえ、今季の実猟は、今日で終猟にしました。
 だって…。

 絵の具の水を飲んだ犬や猫が、具合が悪くなるかって?
 いちおう、水彩絵の具で、大概のシロモノは無害です。
 そして、親切にも駄目な絵の具にはマークが付いている──知らんかったよ。
 いったい何が有害なのかと思って調べようとしたけれど、血相変えて飼い主さんが持って来た絵の具は、全部安全な方のマークしか付いていなかったみたい…?
 “面白い味がする”とか言って、昔、小学生の子供とか、チューブの絵の具を直接舐めたりとか、よくやっていたよね?
 ×なのがある事は知っているけれど、なかなか出会える様なシロモノではないのだろうか?

more...

花鳥風月

2020-02-11 13.31.05 2月11日(火)

 晴れ。
 強風寒波。

 強風の中、朝から日光浴に余念の無い御猫様がおられましたが…寒くないのでしょうか?

 例の如く、診察時間も終わり出かけようとしたところお電話、急患(?)、出かけられず…。
 診て欲しいのは分かったけれど、時間外だし、他院でいじっているし、お休みだし、何日も具合悪いし、微妙なのです。
 いや、本当に微妙なのです。

 今日は、昼食に久しぶりにモスバーガーを食べてみたさ。
 食べれば食べるほど、ここのバーガー、若い頃と違って美味しさを感じなくなった(ーー;
 不味くなったんじゃない、味覚が変わったのだ。

more...

花鳥風月

2020-01-25 14.18.23 1月25日(土)

 晴れのちくもり。

 本日休診。
 今日は、一般公開されている日本放鷹協会の冬季研修会を見学してきました。
 
 例年だと、地獄の強風と寒さがセットで付いてくるので、到底耐えられるものではありませんが、今年はかなり無風──鷹の数よりも圧倒的に多い高価なカメラの群れが、それを物語っております。
 正直、“参加者の少ない寂しい研修会”という話だったのですが、いや、そんな事はない。
 モノスゴイ数の人で、車でした。

 ああ、カメラの人以外で“見学”していたの、私だけだったかもしれません。
 いえ、もっと言ってしまえば、かなりの方が顔見知りで、確かに鷹を連れた人の数は少なかった──いちおう、私は部外者ですよ?

more...

花鳥風月

2019-12-31 09.00.44 12月31日(火)

 晴れ。

 過ぎ去りし良き日々に感謝を、来たる明日に希望を。
 今年も一年、お付き合いいただき、誠にありがとうございました。

 今日こそ、まったりとゆるふわな午前のみ診療を…。
 
 



more...

“子供禁止”の経緯について

2019-10-07 08.25.13 大変残念な事ですが、当院では2012年9月27日以降、お子様連れの来院をお断りしております。
(以下は当時のブログ記事のままです)

 動物病院の主役は、一番大事にされるのは、動物でいいと思うのです。
 確かに子供の居る家はありますが、一方で子供の居ない家もあります。
 (子供の居ない家のヒトが)大事に連れてきたハムスター、子供の嫌いな(でも安静にしていなければならない)わんこ・・・そこに子供が放されたら、どういう事になるのでしょう?
 大きな声で叫ぶ、突発的で落ち着かない行動・・・どの生き物も、余所の家のヒトも、かならず、子供が作り出すストレスに耐えられるという訳ではありません。

 もちろん、病院には高価な機械がありますし、その辺に置いてあるモノが、不用意にいじられて良いモノである保証はありません。

 大人しくしていられる子供は、おります。
 出来ない子供もおります。
 出来る子供と出来ない子供が、キチンと色で分けられている訳ではありません。
 小さな子供だから駄目な訳でも、中学生になったから大丈夫な訳でもありません。
 当方には、区別をつける事が出来ません。

 院内に、駐車場から、どこかに生き物が見える事がありますが、それらはヒトに慣らしてある訳ではありません。
 わざわざ、立ち入り禁止のフェンスを乗り越えてまで、中を見ようとする子供。
 石や枝を投げ込む子供。
 常識ではあり得ない事ですが、子供には普通の事だとも思います。

 ただし、動物病院で一番大事にされているのは、あなた達のお子さんではなく、動物達です。
 病院建物、敷地内、どこにも、子供が好き勝手に遊べる場所は、ありません。
 当然、それらの子供達の一挙手一投足に注意を払いながら、正常な診療行為を行う事は、不可能です。

 この17年、悩んだ末の結論です。
 当院では、15歳以下のお子様連れの来院を、原則禁止します


カテゴリ
来訪者数
検索フォーム
QRコード
QR